Apple Watch Series 2でSuicaを使ってみた

Apple payが2016/10/25からスタートしましたね!待ってましたー!

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-10-27-17-19-31

先日購入したApple Watch Series 2は対応機種。これは使ってみるしかないですね。

当初は定期券をそのまま移行するつもりだったのですが、
Apple pay対応のiPhone(執筆時点ではiPhone7のみ)を持っていないと移行することはできず、
iPhone6sユーザーの私には「新規発行」しか手段は無し。

いま使っているSuica定期券の有効期限が2週間分くらい残っており、
それを払い戻そうかとも考えましたが、
有効期限まで1ヶ月切っていると払い戻しの対象外なんだそうです。あら残念。

通勤定期のApple Watch移行は今回見送り。なのでSuicaを新規発行し、

・定期券区間外の移動
・お買い物

に使ってみることにしました。

改札近くでパスケースを探す手間が省けた

fullsizerender-2
「きちんとカバンの中整理しておけばこんなことにはならないはず」
という指摘には聞こえないふりしまーす

”かばんの中ガサゴソ族”のみなさんには朗報です。

改札前でモタつかないよう、Suicaは常に手に持っているようにしている私。
手首にSuicaが付いているなんて、ある意味革命です。

クレカでチャージ可能=財布を忘れても生き延びれる

お財布を忘れて外出しても、
Apple Watchさえ身につけていれば大体のことがどうにかなります。
いまやいろんなお店でSuicaが使えますもんね。

財布を忘れて買い物に出てしまう、サザエさん並みのうっかり屋でも安心。
腕に財布をくくりつけて歩いているようなものですから!

急な電池切れが怖い

夜中に充電していたつもりが、
なにかの拍子に充電部分(マグネットになってる)が外れてしまい、
翌朝目が覚めるとApple Watchが息絶えていた…という経験があります。

これで出発までに充電が間に合わなければ、
定期が使えない状態で通勤しなければならなくなりますよね?
それはちょっと不経済。

数パーセント充電できて電車に飛び乗ったところで、
目的地に着くまでに再び息絶えてしまうようなことがあれば、改札抜けられませんし…

ちなみに、Apple WatchではなくiPhone7に関する記事ですが、
「充電が切れてからもしばらくは使える」という情報はあります。

(訂正)iPhone 7の電池が切れてもSuicaは使える? JR東日本『使えますが…』(追記) – Engadget Japanese

念のため、モバイルバッテリーと充電器を持ち歩くようになりました。
スマートに生きるつもりが、かえって荷物増えてるじゃん。まぁいっか。

左手首を右側にある改札にかざすのは割としんどい

img_3792
思いの外、体をひねりますよ!!!

左利きの人っていつもこういう思いをしてるんですね…

まだ使い慣れていないこともあり、
「ちゃんと反応するかな?」と体をこわばらせ、
できるだけ混雑していない改札機を選んで通るようにしています。
でも、今のところ読み取り失敗はありません。

以上、感想でした。

メリット・デメリットありますが、あたりめ的には高評価です!

電池切れのケースに遭遇したら、あらためてご報告します。